結婚指輪にまつわる豆知識

結婚指輪の意味と起源

 結婚指輪(マリッジリング)は、男女が左手の薬指にはめる結婚の証しです。そして、結婚式のメインイベントの儀式として、交換するのが一般的です。結婚指輪は婚約指輪とは異なり、普段身につけるものとなります。結婚指輪の起源は、9世紀のローマ時代にまで遡り、花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に銀の指輪を贈りあったという記録が残っています。
 13世紀にはヨーロッパの各地で、マリッジリングを交換するという風習が定着しました。日本でこの風習が始まったのは明治時代であり、指輪を交換するという儀式が一般的になったのは戦後のこととなります。ちなみに、婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズや結納の時に男性が女性に贈る愛の誓いであり、ダイヤモンドの指輪が一般的となっています。

なぜ左手の薬指にはめるのか

 結婚指輪を左手の薬指につける理由については、東洋学的には、左の薬指は心臓に近い場所であり、心臓とつながっているという理由から、「あなたの心を捕まえている」という解釈となります。一方、西洋学的にも古代ギリシャの神話の中で、「左手の薬指には心臓につながる太い血管がある」といわれており、心臓の中心の愛とつながるという解釈がなされています。
 そして、途切れない円(リング)は、永遠の輪廻の象徴と解釈されており、二人の愛が永遠に結びつくために、左手の薬指に結婚指輪をはめるようになったとされています。指輪の材質にプラチナが選ばれる理由は、プラチナは経年劣化することがなく、何年たっても錆びたり変色したりしません。ゆえに、「色あせない永遠の愛」の証しとしてプラチナが選ばれています。