夫婦の誓いを込めた結婚指輪

薬指のリングへの憧れ

婚活を意識したことがあれば、人と会う時に自然と薬指をチェックしてしまう、そんな経験がある方は多いと思います。結婚に憧れると同時に、その左手にはめられた指輪にも憧れをいだき、いつかきっと自分も結婚するぞと、ひそかに闘志を燃やす方もいるでしょう。
指輪の丸い形は、永遠に途切れることのない愛の象徴といわれているようです。結婚式に新郎新婦が結婚指輪を交換することによって、この先もお互いを愛し夫婦として共に歩んでいくことの誓いを示しているのです。
結婚が決まれば、式場探しや新居探しなど、二人の新しい生活に向けての準備がスタートします。その中でも女性が特に真剣になることのひとつが、結婚指輪選びではないでしょうか。

普段つけるものだからこそこだわりたい

結婚指輪と同時に婚約指輪を選ぶ方もいるでしょう。婚約指輪選びも、もちろんこだわりたいことのひとつですが、普段から身に着ける結婚指輪こそこだわりたいものです。
シンプルでありながら家事や育児など日常生活に支障のないもの、夫婦でペアリングにしたいなど、人それぞれにこだわりのポイントは異なります。最近では、エタニティリングも結婚指輪として人気なようです。
婚約指輪に比べてシンプルながらも、そのデザインや種類は様々です。ちょっとしたデザインで付け心地もちがいますし、手や指の形によって似合うデザインも異なります。二人で何度もお店を訪れ、自分たちにピッタリな指輪を探すことも、楽しい結婚準備の思い出になることでしょう。